HOME>コンテンツ>書類作成などでよく使うコピー機はリースしよう!

書類作成などでよく使うコピー機はリースしよう!

コピー機

金融とメンテナンス

ビジネスで欠かせない機器の一つとしてコピー機があります。単体での利用もありますが、パソコンのプリンターやファクス機能、その他スキャナ機能などとの複合機能を持った機器として導入することもあります。非常に高額な機器になるため、多くの会社ではリース契約をするようです。購入の時はメーカーに購入代金の支払いが必要になります。総額の支払いを一度にする必要があるので、それだけの資金を用意しないといけません。リースは利用機関に分割しての支払いになるので、毎月少しずつ支払えば済みます。業者によって異なりますが、金融サービス以外にメンテナンスサービスも行ってくれます。故障などの時、メーカーよりも素早い対応をしてくれるところもあります。

女性

機器を決めて審査を受ける

コピー機を必要とするとき、メーカーに提案をしてもらったりネットなどで必要な機器の比較などを行います。購入するなら代金を支払えば済みますが、リース会社を利用するなら申し込みが必要になります。機器の選定を行ってメーカーと納期などの内容が決まったら、リース会社にその旨を伝えます。金額や利用期間などを元に毎月の料金などが決められ、納得すれば審査を受けます。審査が通れば契約となり、正式に機器の発注や納品が行われます。基本的には利用者が決めますが、メーカーが提案をしてくれる時もあります。その他メーカー系列の業者などを利用するとお得に利用できるときもあります。どの業者を選ぶかによって支払総額が変わるときもあるので、十分比較するようにしましょう。

広告募集中