コピー機はリース契約と購入、どっちがいい?

実際にコピー機を導入する際に悩むのが、リースで契約するのか、実際に購入するかどうかです。購入してしまった方が良いと考える方や、リースしたほうが良いと考える方や、様々ですが、場合によってはリース契約したほうがいい場合もあります。まずは見極めるポイントを知ってから検討しましょう。

リースか契約か購入か見極めるポイント

  • まとまった資金を用意出来るか
  • 数年先までコピー機を使う予定はあるか

コピー機をリース契約する会社が増えている

コピー機をリース契約する利点などはいくつかあります。近年は、購入よりもリースすることが一般的になっています。賢くリースすることで、より会社の資金も安定することだってあります。

コピー機をリースするメリット

3Dプリンター

経費で月額費用を払える

コピー機をリースする際、リース料金というのは基本的に経費で落ちるようになっています。また、分割されている費用が計上されているので、月額費用も一定で大きく変動があるわけではありません。また、面倒な事務の処理などもしなくていいです。

初期費用がかからない

業務用の新しいコピー機を導入する場合は、初期費用があまりかからない為、浮いた費用を会社のその他の必要経費に当てることも可能です。なぜかというと、コピー機は一括で購入する際に現金で購入する場合が多いです。また、設置費用などもかかりますので、その分資金は多く出ていく事になります。しかし、リースの場合は最低限の初期費用しかかからない為、資金にそこまでの影響はありません。

契約手続きが早い

コピー機のリース契約を結ぶ際、契約手続きが早いというのも利点になります。実際にコピー機を購入する際は、銀行などから借り入れを行うケースもあります。ですが、その際どうしても銀行の審査を受けないといけなくなり、それらを含めた手続きでは数週間ほど時間がいるため、その分時間がかかってしまいます。しかし、リースする場合は審査や手続きの諸々が数日で終わるため、導入までの時間はその分短くなります。

コピー機をリース契約するメリットとは一体?

3Dプリンター

コピー機のリース相場

コピー機のリースの相場ですが、幅広くなっていて、安いものだと5000円台ほど、標準的な物の値段なものは10000円~20000円、特殊な使い方をしている場合は30000円になります。価格の違いとしては、カラー印刷が出来るコピー機と、白黒印刷だけしか出来ないコピー機で変わります。もちろん、カラー印刷のコピー機の方が値段は高くなります。

広告募集中